インドネシアのSNS利用者へヒアリング Vol.2

以前、弊社サービスであるエスノグラフを使ったECサイトに関する調査(関連記事:インドネシアのECサイト市場調査 Vol.1-ECサイトの市場と利用実態を調査!-)を行った際に、インドネシア人のモニター数人を対象に、SNSの利用や、その端末についてのヒアリングを行っていました。本稿ではその内容を、ご紹介しています。

インドネシア進出を検討する上でのプロモーションや、マーケティングに是非ご活用ください。

第2回は、ご紹介するのはBlackberryユーザの社会人の方です。

Q1. あなたが持っているデバイスを教えてください。 BlackBerryとPCです。
BlackBerryでは通話、BBM、Whatsapp、SMSを使っています。PCはネットサーフィンが主です。
Q2. あなたがインターネットを利用する環境をすべて教えてください。 ネットサーフィンはPCがメインですが、たまにBlackBerryでも見ます。
Q3. あなたの携帯電話の料金プランがどんな内容か教えてください。 月額Rp 30,000のフルサービスプランです。
Q4. あなたが利用しているSNSやメッセージアプリをすべて教えてください。 Whatsapp、BBM、Facebook、Twitter。
Q5. Q4で使っているとしたSNSやメッセンジャーアプリは、それぞれどんな時に、どんな用途で使いますか?
具体的に教えてください。
Facebookは写真をシェアするために、Twitterは情報をシェアするために使っています。
BBMとWhatsappは友達や家族との連絡、写真や情報のシェアに使っています。
Q6. Whatsappは2年目から有料だと思いますが、払っていますか?払っていないとしたら、どうしていますか? ずっとWhatsappを使うつもりなので、払います。

前回の方もそうでしたが、複数のSMSやメッセンジャーアプリを使っているようです。使い分けは人それぞれ、といった様子ですが、3つ、4つのサービスを使うのも当たり前のようです。
インドネシア進出の際に、プロモーションやマーケティングを行う場合は、どのサービスで行うかは吟味する必要がありそうですが、Facebook・Twitter・LINEあたりは押さえておきたいところです。